乱数を使ったシンクロニシティ実験

「シンクロニシティ」とか「引き寄せ」には以前から興味があったのですが、
秋山眞人さんと布施泰和さんの書かれた『シンクロニシティ「意味ある偶然」のパワー』
とても興味深い記述がありました。

3.11の時の乱数出力の変化

プリンストン大学工学部のロジャー・ネルソン教授が
「地球意識プロジェクト」という実験を1997年から実施していて、
世界各地に乱数発生装置を設置し、記録を取って、
地球規模のできごととの関係を調べていた。

そして、例の9.11の前後にあり得ないような極端な変動が見られた。

これは、人類の集合無意識が、9.11テロの発生を予知し、
機械に影響を与えたと考えられるのである。

 

 

自分も何か似たような実験をしてみようかと思い、
ここにデータをためていこうかと思います。

私は統計学者ではないので、どういう方法がいいのか分かりませんが、
手近なところで、Excelの関数で日々乱数を発生させて、
それと関係のあるようなできごとが起きるかどうかを見て行こうと思います。

Excelの関数で「RANDBETWEEN(0,9)」を使い、0~9の数字をランダムに発生させます。
原則として、毎日午前0時に100個の0~9の数字を発生させ、発生の分布を記録します。

果たして、何が起きるか、あるいは起きないか、成り行きを見守ってみて下さい。